スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話 逃亡の果てに

ようやく学習しました、輝鐵です。

ブログの更新を早くしただけでこんなにいい気分になるとは自分でもびっくりです。




前フリのネタも尽きてきたので今回はさっさと本題に入りましょう。

リトバス第6話のレビューです。

とうとう鈴ルートラスト、次回からリフレインへと突入ですね。

リトバスの誇る名シーンが多々ある回ですね、シリアス回ですが楽しみです。



・別れの時間

06 0482

悲しいシーンは数多く存在する作品ですが、これも相当に悲しいシーンですね。

冒頭で既に泣きそうです。


・友情の証

06 0927

Keyといえば、リトバスといえば、男といえば友情ですね。

ホモと友情って紙一重だよね、とか来ヶ谷さんみたいなことはこういうシーンでは言わないのがお約束です。


・孤独

06 1297

小さい頃に孤独感を感じたことはありましたが、たぶん私なんかとは比較にならないぐらい辛いのでしょうね。

知らない場所で知らない人に囲まれて独りとかコミュ障にとっては地獄ですよ。


・隔たり

06 1499

1期では見つめあうことの多かった2人ですが、2期では背を向けてばかりですね。

見ていて胸が痛みます。


・決意

06 1979

真人は最高にいい奴なんですよね。

ギャグシーンでもシリアスシーンでも、それは変わりません。


・禁忌

06 2572

古式みゆきさんの貴重な登場シーンですね、そんな笑えるシーンでもないですが。

そろそろ物理的にもありえないシーンが増えてきて、世界の秘密に一歩ずつ近づいていきます。


・憤怒

06 2631

私の中の謙吾のかっこいいシーンベスト2です。

ちなみに1位は最後のアレで3位は屋上ダイブです。


・コールドゲーム

06 2748

かっこいいのですが、辛いですね。

みんな辛いでしょうけど、恭介が一番心を痛めているのかもしれません。


・花火

06 3280

ここでこの名曲が来るとは予想もしていませんでした。(ライブで聞いてはいましたが)

リトバスの曲ではないですが、こんなにイメージに合った曲もそうないものです。


・逃亡の果てに

06 3408

そして世界は繰り返す、5月13日へと。

原作を知らない人でも、来週見れば世界の秘密を理解できるかも知れませんね。



というわけでリトバス6話レビューでした。

来週からリフレインルート突入、リトルバスターズの解散と再結成、世界の秘密へと青春を駆け抜けていきます。

多少の笑い(原作では爆笑してました)と感動の連発なのでお楽しみに!


そういえば先日、リトバスカードミッションのガチャで佐々美さまの書き下ろしイラストが出ました。

とうとうリトバスも金出せムードに移行、ガチャで手に入る引換券でレアカードと交換というやり方に。

佐々美さまを手に入れるために「さらば諭吉!」を数回繰り返しました・・・ OTL

悔いは無いですけどね!(泣)


ではまた次回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見さくら & 輝鐵

Author:夢見さくら & 輝鐵
Thousand Fantasyのブログへようこそ
夢見と輝鐵の日常の出来事やサークルの活動状況など気の向いたときに更新しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
TweetsWind
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。