スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12話 お願いごとひとつ

Angel Beats!のPC版サイトが公開されテンションが上がっている輝鐵です。

同時にAngel Beats!のソーシャルゲームが発表されげんなりしています。

もうこれ以上ソシャゲ増やさないでよ・・・・・鍵コレに追加すればいいじゃん・・・・・

それにしてもPC版の岩沢さんはヤバエロで興奮しました。

個人的にはひさ子が好きなんですがプレイ後に同じことを言えるか自信がないです。

楽しみですね!




さてリトバス12話レビュー、現実?に戻った理樹と鈴のお話です。


・現実へ

12 0423

とうとうここまできましたね。
ですが後の描写にあるように、ここは果たして現実なのでしょうか?


・6月20日を越えた先に

12 0562

1期では時間的要素を徹底的に隠してましたが、2期の姉御ルートからは頻繁に出ていましたね。
つまりはここへの伏線で、出会いから事故の日までを延々と繰り返していたわけですね。


・救われた命

12 0763

あの状況で笑顔を見せられる真人こそ、意外にも一番の冷静キャラなのかもしれませんね。
普通はパニックになりますから他人を庇うなんてできませんよね。


・生きるということ

12 1235

生に対して希望を持つか絶望を持つかは人それぞれですね。
ちなみに私は中間、楽しいこともたくさんあるが同じぐらい辛いことが待っているという考えです。


・トラウマ

12 1441

これも誰もが経験することではないでしょうか?
ちなみに私もトラウマがありますが、いまだに克服できずに夢に出てうなされることがあります。


・始まりの二人

12 1523

恭介がいなければいまだに鈴は自分の殻に閉じこもっていたのでしょう。
そしてそれは真人、謙吾、理樹も同じなのだと思います。


・忘れていた想い

12 1894

こういった楽しい仲間たちに囲まれた青春というものを私も謳歌したかったです。
彼らの場合は少々賑やかすぎますがねw


・夕日を背に

12 2594

関係ない話ですが屋上って普通の高校は入れないですよね?
まぁ小毬ちゃんも無理矢理入ってますがw


・溢れ出す想い

12 2814

大人になればなるほど感情は溢れないように制御しなくてはならないものです。
それでも溢れてしまう感情が愛情や友情なのでしょう。


・最後は笑顔で

12 2895

最後だと分かっていて笑顔になれるんですから小毬ちゃんは強い子ですよね。

前回の恭介なんてボロボロだったのに・・・


・お願いごとひとつ

12 3029

そして小毬ちゃんの願いを叶えるために鈴と理樹は立ち上がります。
果たしてみんなを救えるのか!?


・前向きになれる魔法

12 3161

今さらですが小毬ちゃんの前向きマジックって原作にありましたっけ。

プレイしたのずいぶん前なので覚えていない・・・・・のでもう一度攻略してきます。




というわけでリトバス12話レビューでした。

次回はいよいよ最終回ですね。

原作発売から6年と5ヶ月、長かったですね・・・・・

次回も号泣するでしょうけど、最後は笑顔で終われるように頑張ります!

ではまた次回!

ab_pc_banner_710.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見さくら & 輝鐵

Author:夢見さくら & 輝鐵
Thousand Fantasyのブログへようこそ
夢見と輝鐵の日常の出来事やサークルの活動状況など気の向いたときに更新しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
TweetsWind
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。