スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13話 リトルバスターズ

半月ぶりですね、輝鐵です。

ご無沙汰してました。

コミケ後はいつも通り体調を崩しながらも戦利品の整理をしたり、新年会に出たり、仕事がずっと夜勤だったりでバタバタしてましたが、ようやく落ち着いてきました。

落ち着いてきたのでブログを確認したら、リトバス最終話のレビューを書き忘れてるではありませんか!

ということで更新です。

誰も見ていないこのブログですが、途中で投げ出すのも気分悪いので最後まで頑張るとしましょうかね・・・





ではリトバス最終話、感動のクライマックス!


・世界の絶望

13 0340

生きることは辛いことばかりですからね、理樹の気持ちもわからないでもないです。

生まれなければあらゆる絶望を知らずにいられ、死ねばあらゆる苦痛から開放される、人生というのはそういうものかもしれません。


・世界の希望

13 0825

生まれるから知ってしまう絶望とは逆に、生まれたからこそ出会える希望もあります。

絶望に沈んだ理樹を救った希望こそが、リトルバスターズなのですね。


・最高の仲間たち

13 0878

こういう仲間が9人もいる理樹は幸せですね。

私はぼっちなので羨ましい限りです。


・世界を書き換えろ!

13 0935

はたして書き換えたのは世界なのか記憶なのか、難しいですね。

辛い過去に立ち向かい、理樹はついにナルコレプシーを克服します。


・ラストミッション

13 1101

ついにやってきました、原作では選択肢を1個間違えるだけで爆死するマルチバッドエンドのシーンです。

セーブをし忘れて何度もやり直したのも良い?思い出です。


・ようやく手に入れたこの奇跡

13 1854

果たして何度繰り返し、どれだけの年月を過ごしたのか。

恭介の計画を上回る成長をした理樹と鈴は、全員を助け出すことに成功しました。


・陽だまりの詩

13 2136

イベントCGにもなっている特長的なシーンの1つですね。

個人的には鈴のシーンでの一番のお気に入りです。


・あと一人

13 2344

なんか原作と違って真人が謙吾に付き添っている・・・

やっぱり最初から最後まで原作とは違う箇所が所々にありましたね。


・空席

13 2613

理樹は恭介を救えるほどの強い存在になりましたが、やはり恭介の存在の大きさは計り知れないですね。

PCでいうならCPUが欠損している感じでしょうか。


・リーダーの帰還

13 2784

やっぱり恭介はイケメンですね!

ちなみに私は理×恭が好み、BL本とかけっこう持ってます。


・新たなるミッション

13 2872

やっぱり恭介がいないと始まらないですね。

そしてようやくの全員集合、10人揃ってこそのリトルバスターズ!


・Little Jumper

13 3077

ちなみにこのワゴン車と同じ?らしきものが1期のEDに出てます。

この後のシーンも同じですし、伏線だったのでしょうね。


・もう一度、修学旅行

13 3309

明らかに修学旅行ではないですけどね。

でも数多の苦難を乗り越えてここに立つこの10人はとても輝いて見えます。


・リトルバスターズ

13 0653

というわけでリトルバスターズ~Refrain~最終話レビューでした。

感動の最終話、楽しかったです。




1期は各キャラルートの最終話で号泣してましたがRefrainでは終始泣きっぱなしの私でした。

まだDVD&Blu-rayの特典でEXもありますし、最低でも3回は泣きますね。

夏コミまでには佐々美さまのルートが見れるので、同人誌作りの制作意欲がかきたてられることでしょう。

期待もせずにお待ちください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見さくら & 輝鐵

Author:夢見さくら & 輝鐵
Thousand Fantasyのブログへようこそ
夢見と輝鐵の日常の出来事やサークルの活動状況など気の向いたときに更新しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
TweetsWind
リトルバスターズ!
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。